TOP MESSAGE 社長挨拶

社長挨拶 TOP MESSAGE

明日の物流を担っていくため総合的な戦略を進めていきます。

株式会社マルハニチロ物流は、大正十三年に大洋漁業の前身である林兼商店の冷蔵倉庫事業として創業して以来マルハニチログループの一員として日本全国に展開する低温物流事業を通じ、「食」を安定して供給するというグループの最大の社会的責任の一端を担い、また、多くのお客さまの多様な事業を支える物流基盤として、そして日本の『食』を支える重要な社会インフラとしての使命を担ってまいりました。

現在では、その事業拠点数は、東京、大阪、名古屋、福岡などの主要港の港湾地区を中心に33拠点の冷蔵倉庫を保有し、58万トンの保管能力をバックボーンに、ISOに基づく品質管理と環境を重視した物流品質で、通関から保管・輸配送までの総合物流サービスをお客さまの求める形で提供しています。

お客さまの満足度を更に向上し、企業が成長するための原動力となるのは、何よりも人財です。個々の社員が総合的な人間力を高めるため社員の教育研修にも力を入れ、お客さまから信頼される総合低温物流会社を目指し、「誠実を旨とし、本物・安心・健康な『食』の提供を通じて、人々の豊かなくらしとしあわせに貢献します。」というグループ理念と、「世界においしいしあわせを」というグループのスローガンを旗印に、安全そして安心を皆さまにお届けするため、役職員一丸となって創意と工夫を繰り返し、人にも優しく、地球にも優しい夢のある企業として成長を続けていきたいと思います。

今後とも私達の事業活動にご理解とご支援を賜りたく、よろしくお願いいたします。

代表取締役社長川 文人