安全・安心への取り組み

万全なセキュリティ万全なセキュリティ

「おいしい」を保つための万全な設備と
外から守るためのセキュリティ

保管設備
保管温度は、冷凍貨物のF級(-25℃)を主体に、チルド貨物のC級(+10℃~-20℃)・超低温貨物のSF級(-50℃)と多彩な温度帯を完備し、お客さまのニーズにお応えします。保管設備
荷捌空調設備
荷捌場に一定の温度を保つための荷捌空調設備を設置しています。また一部のセンターには陽圧空調設備を導入し、外気の侵入を防ぐ等更なる商品の品質保持に努めています。保管設備
凍結設備
室内の温度を急速にマイナス35℃まで下げ、水産品・畜産品・農産品などの品質を落とすことなく、凍結することが出来ます。保管設備
免震設備
川崎第三物流センターで初めて導入。建物と杭の間に「免震装置」をはさむことで地盤から切り離し、揺れの伝達を軽減できます。内部にいる人の安全の確保とお客さまからお預かりしている商品を守ります。保管設備

フードディフェンスフードディフェンス

マルハニチロ物流の食品防御態勢

当社は、マルハニチログループにおける「物流」を担う企業として、お客さまに安全でおいしい商品をお届けし続ける為、「食品防御体制」を確立します。

コミュニケーションを大切にし、風通しの良い職場環境をつくります。
コミュニケーションを大切にし、
風通しの良い職場環境をつくります。
社内外におけるコミュニケーション力を高め、意図的な食品汚染を未然に防ぐ企業風土の醸成に努めます。
コミュニケーションを大切にし、風通しの良い職場環境をつくります。
お客さまに提供する食品の安全を守るため、フードディフェンスに対する意識を高めます。
お客さまに提供する食品の安全を守るため、
フードディフェンスに対する意識を高めます。
徹底した従業員教育によるフードディフェンスに対する意識づけに努めます。
お客さまに提供する食品の安全を守るため、フードディフェンスに対する意識を高めます。
不審者による意図的な食品汚染を防御するための仕組みを整備し、運用します。
不審者による意図的な食品汚染を防御する
ための仕組みを整備し、運用します。
不審者の侵入を防ぐためのチェック体制の強化、持ち込み制限等の取り組みに努めます。
不審者による意図的な食品汚染を防御するための仕組みを整備し、運用します。
不審者による意図的な食品汚染を許さない施設の整備に努めます。
不審者による意図的な食品汚染を許さない
施設の整備に努めます。
不審者の侵入を防ぐため「安全・安心カメラ」の設置等ハード面でのセキュリティ強化に努めます。
不審者による意図的な食品汚染を許さない施設の整備に努めます。
フードディフェンスにかかわる活動の継続的改善を推進します。
フードディフェンスにかかわる活動の
継続的改善を推進します。
管理基準に基づいた活動を行い、評価結果に基づいた継続的改善に努めます。
フードディフェンスにかかわる活動の継続的改善を推進します。